21_1

お客さまの「行きたい」気持ちにブレーキをかけない環境づくり

ギンザコマツには、西館4階に授乳室が、東館7階にはユニクロのベビールームがあります。

ユニクロは7階をキッズフロアと位置づけ、保育士や幼稚園教諭免許を持つスタッフが、お子さまと一緒に遊んだり、迷子がいないかどうかフロアの隅々まで気配りしています。もちろん、子ども服を選ぶアドバイザー的な役割も担っていますから、お子さま用アイテムのお買い物の手助けもしてもらえます。さらにベビールームには、授乳スペース、オムツ替えベッドを完備しています。

ギンザコマツは、「授乳室は、乳児を抱える女親だけのものではない」という考えを持っています。
父親がミルクを調合して赤ちゃんに与えることもあるでしょう。それだけでなく、おじいちゃま、おばあちゃま、ときにはシッターなどプロの方が世話をすることも考えられます。

ギンザコマツに来てくださったお客さまは、すべて大切なお客さま。
そう考えるコマツは、西館4階に男性でも気おくれせずに使える授乳室を用意しました。

今までは、とかく女性トイレに併設され、フロアの奥に追いやられていることの多かった授乳室ですが、使いたいと思った人がスムーズに使えるように、ショッピングの途中で立ち寄れる動線上に授乳室を配置し、白を基調としたシンプルな内装で仕上げています。
オムツ交換台1台、調乳用温水器、イス2台を用意した、この授乳室のスペースは、小松ストアーがギンザコマツに賃貸料を納め、維持しています。

出生に始まり、入学、卒業、就職、結婚、出産、子育て、リタイア……人にはそれぞれに、その時々のライフステージがあります。そして、生活スタイルや環境は、そのライフステージの環境影響を受けます。

乳児専用施設ではないので、過不足ない充分な設備とは言いきれませんが、赤ちゃんを抱えたご家族がギンザコマツへ来店することをためらわれないように、できる範囲で最良の環境を整える。これもコマツの使命のひとつだと考えています。

銀座へ、またギンザコマツへいらっしゃったときに、授乳室やオムツ替えのスペースをお探しでしたら、お買い物の予定がなくとも、どうぞこのスペースをご利用くださいませ。


Page Top