芸術とエンターテイメントの狭間

小松ストアーには昭和62年に行われた改装以来、銀座通りに面した1階にアートスペースが設けられます。小百貨店になぜアートスペースがあるのか。しかも1階正面と最も目立つ場所、お店の顔とも言えるところに。
そこには文化を重んじる小松ストアーならではの発想がありました。そしてまた、他...

この記事をtwitterでつぶやく 「芸術とエンターテイメントの狭間」の続きを読む

Page Top