時を刻む時計に込められた“モノを愛する姿勢”

KOMATSUBARの一角にある柱時計は、かつて千鳥ヶ淵にあったフェヤーモントホテルのロビーに置かれていたものです。
仕事で地方から上京して泊まられた方、フレンチレストラン「スリジェ」でレストランウエディングを挙げられた方、「イングリッシュバー」でグラスを傾けた方、ティールー...

この記事をtwitterでつぶやく 「時を刻む時計に込められた“モノを愛する姿勢”」の続きを読む
Prev

Page Top